本当に正しいバイナリーオプションの選び方

本当に正しいバイナリーオプションの選び方

バイナリーオプションをやるならFXのレバレッジを学べ

本当に正しいバイナリーオプションの選び方

 

FXでレバレッジは以前は400倍程度まで利用できる時代があったわけですが、金融庁の消費者保護の視点による規制強化が明確になって、バイナリーオプションと同じく2011年以降について個人投資家は最大25倍のレバレッジの利用に制限されています。

 

そして長期にわたりFX投資をしている個人投資家には物足りないものになっているといえますが、それでもこのレバレッジを利用していくと400万円の証拠金があれば最大1億円の投資をしていけて、株式をはじめとする現物投資に比べてかなり資金効率がいい投資を実現していけるようになっています。そしてこのレバレッジは最大利用だけが注目されていますが市場の状況に合わせ小さく設定し利用していくことができます。

 

そして、同じ通貨ポジションを売買したときに必要になってくる証拠金額で見ると、ドル円なら25倍のレバレッジのとき1万通貨売買をしていくためにほぼ4万円程度が必要になってきて、10倍のレバレッジになれば同じ1万通貨であっても10万円強の証拠金が必要となります。そしてレバレッジを下げれば、同じ通貨ボリュームを取引していくのに多くのお金が必要になってくるでしょう。そして25倍のレバレッジを利用したら、ドル円を1万通貨買い持ちにし1PIPS上昇すると100円利益が出る勘定となります。そして通貨ペアによってこの利益が異なってくることとなりますが、ほとんど同じレベルの利益を確保していくことができるのでしっかり頭に入れましょう。

 

 

初心者が楽しめるバイナリーオプションの魅力

本当に正しいバイナリーオプションの選び方

 

バイナリーオプションと聞いて、すぐに怖いと引いてしまう方も、今はけっこういるのではないでしょうか。そこにはおそおらく、借金地獄、という好ましくない言葉が頭をかすめるのでしょう。確かに株取引などで返済できないくらいの借金を抱えてしまった人はいます。のめり込んでしまったのですね。人間、のめり込むことは良くない結果をもたらす場合が多いようです。ちょっと違うかもしれませんが、ギャンブルなどがそうではないでしょうか。やられたからやり返すために借金をする。なんか勝てそうな気がするのでしょうね。でも、それはあくまでも思い込みの場合が多いのです。現実はけっこう厳しい。

 

FXは確かに従来からの株取引とは違って、より少ない元手で取引が始められます。そして、少ない資金でも大きな取引をして利益を出すことも充分に可能なのですね。大金はちょっと出せないけれど、取引には興味があるという方にはおすすめです。

 

そのメリット、人気の理由をあれこれ考えてみますと、これがけっこうあることに気づかされます。たとえば、何度も言うように、あまりお金をかけなくても楽しめる取引ができるということ。しかも大きな賭けにもチャレンジでき、それが実れば一瞬にして大金を得ることも可能。

 

そして、バイナリーオプションの取引は世界中で24時間おこなわれていますから、いつでもできるということなどです。実は初心者の方にも楽しんでもらえるのが、このFXの大きな特長なのです。だからこそ、今、もっとも注目されている取引なのですね。

 

 

国内・海外バイナリーオプションの比較

本当に正しいバイナリーオプションの選び方

 

バイナリーオプションは数年前から大きな注目を浴びるようになった投資の方法です。FXと似ていると思われていますが、根本的な部分は全く違ったものです。FXが中・上級者でなければ安定した収益を上げていくことが難しいのに対し、バイナリーオプションは初心者であってもある程度安定した収益を上げられる可能性があるという点が注目された理由と言えるでしょう。

 

バイナリーオプションにはいくつかの規制が存在しています。大きく分けるのであれば「国内と海外」という風に区別することが可能で、それぞれにおいて特徴的なルールが存在しています。それぞれの仕組みをしっかりと把握し、比較検討したうえで自分に合った方法を選択していくことが勝率アップ、延いては収益の増加を達成することが出来ます。

 

両者を比較する際、最も大きな違いと言える点が「取引時間」です。バイナリーオプションは、簡単に表現するならば「ハイ&ロー」です。最終的に今よりも為替相場が上昇しているのか下降しているのかを予想し、的中した場合にはペイアウトが発生するという仕組みになっています。その内、海外バイナリーオプションの場合は「現時点から」どのように動くのかを良そうする方法があるのに対し、国内バイナリーオプションの場合は「満期時に」どの位置にあるのかを予想することになります。

 

相場にはその時々において「動きやすい方向(トレンド)」が存在しています。上昇傾向の時は上昇しやすく、下降傾向の時には下降しやすいといった感じです。海外の様に現時点からの動きを予測する場合、トレンドに乗った買い方をすることで的中率を上げることが出来ますが、国内の場合は最中的な着地点を予測することになる為、トレンドだけでは読み切れない部分も多くなります。しかし、短時間で取引が決済されてしまう海外に比べ、時間的な余裕が大きくなる国内の方が「相場を読む能力が伴えば」安定した収益を上げることが出来るようになります。

 

どちらにもメリット・デメリットがあるという事を踏まえ、トレンドなどを参考にしながら比較して選択することが勝利のカギです。

 

 

FXトレーダーの初めてのFXは分からないことだらけでも心配ない

本当に正しいバイナリーオプションの選び方

 

FXトレードを始めてみるときに、誰のお手本もない中で実践するのは、少しどきどきすることです。なぜどきどきするかというと、自分のお金だからこそ失敗できないという気持ちがあるからでしょう。けれど失敗は成功のもとというし、失敗を怖がるというよりもむしろどう失敗するのかわからないというような、未開のゾーンへの不安感からそれは来るものなのかもしれません。それでは、FXトレーダーのお手本となるようなとある一日のFXとはどういうものなのでしょうか。

 

まず、FXトレーダーはトレードを始める前にFX口座を開設します。FXをやる二週間前には申し込みをしておいて、FX口座を開設しておきましょう。また口座を開設したあとにはFXをやる前には、ログインしてパスワードや設定をしておくとともに、自身のパソコンに必要なツールをインストールしておきましょう。これらはある程度時間がかかるので、FXをやる前日までには用意して待っていましょう。

 

そしていよいよ、FX当日までにFX口座に入金をしておいて、FXをやるための資金を入れておきましょう。土日は銀行が振込をやってないので、それを計算して都合よくやっていきましょう。そしてFXをするための手はずは整いました。FXで新規注文を出してみますが、FXには様々な注文方法がありますがこれからも役に立ち、基本的なリアルタイムトレード、別では成行注文などと呼ばれる方法をやってみます。これはまさに、クリックした時点で注文をだすという名前のとおりの注文方法で、これで買いか売りかどちらかの新規注文を出します。

 

クリックした時点で注文てはいいますが、実際と画面での価格に差があるのでその辺は考慮しておきます。新規注文を出せたのなら、次は決算注文ですが、これもいろいろな注文方法がだせますがOCO注文で出しましょう。これは予約なのですぐに決算注文にはなりませんが、設定価格になると実行されるので便利です。指値注文、逆指値注文でOCO注文はできるので、損切りもできる注文方法です。

 

 

24時間いつでも取引が可能なFXの嬉しいメリット

本当に正しいバイナリーオプションの選び方

 

この日本にコンビニエンスストアが一般的に広まったのは、いったいいつごろからなのでしょうか。かなり昔のように記憶します。コンビニが今もしなくなったら、私たちの生活はけっこう不便なものになるでしょうね。それだけ24時間営業というものに頼った暮らしを、私たちは送っているのです。24時間営業というものは、実はコンビニだけではなく、他にも私たちの暮らしを便利なものにしてくれます。ファミリーレストラン、ディスカウントショップ、そしてネットカフェ。まだまだありますね。24時間営業の利点といえば、必要なものがいつでも買える、ということに尽きると思います。

 

今、主婦たちに人気の取引にFXというものがあります。このFXは外国の通貨を売り買いして利益を出すというものですが、こうした通貨の価格は常に変動していることが特長です。それに合わせて24時間いつでも通貨を売買できるという嬉しい特長が、このFXにはあるのです。24時間いつでも取引ができるということは、本当に忙しいビジネスマンの方はもちろんのこと、家庭の主婦や学生などにはもってこいの取引だといえますね。朝でも、昼でも、そして深夜でも、世界のどこかで必ず取引がされているのですから。

 

それからこのFXがこれほど人気なのは、やっぱりより少ない資金でも大きな利益を得ることが充分に可能だという点ではないでしょうか。一攫千金、そう言えなくもありませんね。まあ、世の中の経済事情なども知識として吸収することは大切ですが。

 

私のFXの売買の方法は、やや特殊です。ナンピンを駆使して、売買を行うやり方になります。というのも次のようなデータがあるのです。先月の末なのですが、400円分の利益が発生しています。1,000通貨での売買を行っていたのですが、すべて南アフリカランド円での取引でした。

 

その具体的な値段なのですが、まず4月2日に100円分の利益が発生していますね。レートですが、10円ちょうどです。新規のレートは、9.9でした。次に先月の3日には、また100円分の利益が発生しました。新規のレートは同じく9.9で、ちょうどその1日前に指値で約定していたようです。さらに先月の16日には100円分の利益が発生し、その日1日前に9.8での約定が発生しています。また先月の27日に同じく100円分の利益で、23日に新規で9.8の指値が約定していたのです。

 

上記は、私の先月の売買履歴です。ご覧の通り、9.8や9.9で新規の約定をしていることが分かるでしょう。しかも全てが、その0.1円分高い値段で決済されています。実はその時私は、指値での注文を10.0円、9.8、9.9と設定していたのですね。もちろんそれぞれの決済のレートは10.1、9.9、10円になります。このように0.1円幅で次々と指値を入れていき、ひたすら待つやり方です。このやり方に固定するようになってから、めったな事では損失が発生しなくなりました。含み損は発生しても、元本割れになるようなことは皆無になったのですね。

 

ただしこのナンピンによるFXの売買は、十分な証拠金を用意するのが必須です。そのお金が不足しないよう、くれぐれも気をつけた方が良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/06/02 08:04:02

私たちは、日々買い物をしています。そして物品を販売している業者によっては、まとめ買いに対する割引システムを採用している事があるのです。FXにも、それと似たシステムがあるのですね。例えばあるお店にて、1つ100円の品物が販売されているとします。それを200個程まとめて購入した時には、1つあたりの価格が95円などに下げてくれる事があるのですね。200個を購入した時に100円であればトータル金額は20,000円ですが、95円ならば19,000円になります。差し引き分が1,000円分なので、案外と大きいですね。

 

そしてFXの場合は、手数料があります。金融会社によっては売買時の手数料を徴収している事があるのですが、まとめての売買であれば割引料金が適用される事があるのですね。例えばある金融会社の場合は、10万枚以上で売買を行っているか否かで手数料が変わってきます。1万枚程度であれば通常の手数料が適用される事になるのですが、10万枚単位などで売買を行えばかなりリーズナブルな手数料になります。1万枚ならば手数料が100円ですが、10万枚以上の場合は80円などの具合です。

 

ちなみにFXでの売買を行っている方の中には、比較的多くの枚数を希望している方もいらっしゃるでしょう。いわゆる大口トレーダーです。その方々の場合は、上記のような割引料金が発生する業者を選ぶと良いですね。まとまった枚数での売買となると、手数料は軽視できないものだからです。

続きを読む≫ 2015/06/02 08:04:02

FXでの売買を検討しているものの、どこを選べば良いか迷ってしまっている方もいらっしゃいます。なぜなら金融会社の数は、非常に多いからです。やはり数が多ければ、目移りしてしまうのも自然ですね。1つの方法としては、売買枚数の最小値が少ない所を選んでみるのも一法です。例えばある金融会社の場合は、100ドル単位などでの売買をする事もできるのですね。

 

一般的には、金融会社では1万枚以上での売買が求められる事が多いです。しかし枚数が多ければ、それだけリスクも高まってしまいますね。その点上記のように100枚単位での売買ができる会社の場合は、リスクを抑えることもできるでしょう。初心者の方々などにとっては、枚数が少ない会社はオススメです。また枚数が少ない会社でも、もちろんある程度まとまった量での売買も可能です。上記の100という数字は、あくまでも最小の単位になります。もちろんその会社で、1万枚での売買をする事もできるのですね。比較的大きな枚数にも対応している会社も多いので、まずは最小取引枚数が少ない会社を選んでみるのは良いのではないでしょうか。

 

ちなみに海外の業者にも、そのような所が見られます。ある海外のFXの会社では、上記のように100枚単位での売買をする事ができるのです。ですので海外の業者を始めて利用する方などにとっては、その金融会社はオススメできます。なおある程度慣れている方の場合は、大口での売買を検討している事もあるでしょう。その場合は、「最大」売買可能枚数が多い業者を選べば良いと思います。

続きを読む≫ 2015/06/02 08:04:02

FXで売買をする時には、くれぐれもリスクには気をつけた方が良いでしょう。特に損をしている額がかなり大きくなっている時は、注意が必要です。例えば金融会社に預けている金額が、50万円だとしましょう。そして外貨での売買を何回か行ったものの、ちょっと損失が発生してしまったとします。よくあるパターンですね。そしてその損失額が、かなり大きくなってしまっている事もあります。最初の内は10万だったものの、40万や60万などと大きく膨れ上がってしまうケースも珍しくありません。

 

問題は、60万などになってしまった時ですね。前述のように業者に預けている金額が50万なのですから、明らかにマイナスになってしまっているでしょう。そのような時には、いわゆる追証が発生する事が多いです。マイナス10万円を直ちに入金してくださいと、金融会社から催促されてしまう事もあるのですね。さすがにそれは避けたいでしょう。ところで上記のシステムは、日本国内の業者のものです。海外の会社となると、また話は異なってくるのですね。海外の場合は上記のような10万円の補填システムがありますので、仮に大きな損失が発生しても何とかなる事もある訳です。追証の有無は、日本と海外の大きな違いの1つと言えるでしょう。

 

ここ最近では、外貨の動きもやや激しくなっている一面があります。特に付いこの間のスイスのショックのような出来事が起きると、追証が発生する可能性もゼロではありません。それを考えれば、海外のFXの会社で口座を作るのも一法ですね。

続きを読む≫ 2015/06/02 08:04:02

FXという商品では、もちろん外貨を用いる事になります。その関係上、それを取り扱っている金融会社では日本円を外貨に換金するサービスを提供している事も多いです。そしてそのサービスは、海外旅行ではかなり重宝すると考えられます。海外という旅行先では、もちろん外貨を用いる事になるでしょう。向こうの国で日本円を用いる事ができれば良いのですが、現実的にはそれは難しいですね。ですので日本円を外貨に両替しておく必要があります。

 

ところで外貨を入手するための方法の1つに、銀行があります。たいていの銀行では両替サービスを利用できるのですが、問題は手数料ですね。手数料は、比較的高めに設定されている事が多いです。もちろんその金額は、金融機関によって異なります。中には数千円ほどかかってしまう銀行もありますので、やはりその手数料は軽視できない一面があるでしょう。

 

ところがFXの会社が提供している両替システムの場合は、それがかなりリーズナブルになっているのですね。少なくとも上記の銀行のように、数千円もの手数料がかかる事は極めて稀です。かなりリーズナブルに両替ができますので、海外旅行の為に外貨が必要なのであれば、FXの会社を利用するのが良いですね。なおその外貨の受け取り方法も、FXの会社によって様々です。空港で受け取れる会社もあれば、事前に外貨の口座が必要になる会社もあります。後者の場合は準備などが必要になりますので、旅行に行く前にFXの両替システムの受け取り方法は確認しておく方が良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/06/02 08:04:02

FXでの売買の為には、金融会社に対する入金が必要になります。そしてその入金のシステムは、日本と海外では大きく異なります。まず日本国内の場合は、基本的には銀行振り込みで入金をする事ができるのですね。いわゆるWEB媒体のシステムを用いて、手数料無料で口座に入金する事ができる訳です。しかも時間帯に関するメリットもありますので、その方法は非常に便利ですね。

 

そして日本の場合は、カード決済をしない事が多いです。つまり業者に対して、カードで入金をするような事は非常に少ないのですね。ところが海外の業者の場合は、また話が別になるのです。基本的に海外では、カード決済を用いる事が多いのですね。ちなみに海外の業者では電子マネーなどを用いて口座に入金をする事もできますが、結局そのマネーもクレジットカードと連動している事が多いです。ですので海外の場合は、たいていはカードが必要になるのは特徴的です。日本の会社との大きな違いの1つと言えるでしょう。

 

そして決定的な違いの1つは、海外の場合は銀行振り込みで入金をする事はほぼ不可能です。普段使い慣れている銀行口座を用いる機会は、ほとんど無いのですね。逆に日本の場合は金融システムが充実していますので、銀行振り込みで簡単に入金できる訳です。それも海外と日本の大きな違いの1つと言えるでしょう。ですので口座に対する入金の手軽さという意味では、海外よりは日本の業者の方が良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/06/02 08:03:02

FXに関する情報をネットで調べますと、たまに精神面が強調されています。この商品には、精神的な強さが求められる一面があるのですね。例えば、売買を行う頻度です。この投資商品である程度経験を重ねた方は、頻度多く売買を行いたいと思っている事も多いようです。つまり建玉を持っていないと、「気持ち」が落ち着かない方も中にはいらっしゃるのですね。

 

もちろんあまり頻度多く売買を行うのは、ケガの元です。無難な時に売買を行うのが望ましいので、それを我慢する精神的な強さは求められるでしょう。それと損切りに関する気持ちの問題もあります。基本的にこの投資商品では、損切りはかなり大切です。そして初めて売買を行う方などは、なかなかその損切りができない事があります。損失を確定してしまう事に伴う苦痛があるので、なかなかロスカットができないケースも珍しくありません。

 

このようにFXでは、ちょっとメンタル面が求められる事が多いのですね。このため一部の方々は、自動的なシステムを用いて売買を行っています。なぜならその方法の場合は、あくまでも機械的に売買を行ってくれます。感情が入り込む余地が無く、全てオートマチックでの売買になるのですね。現に金融会社としても、ホームページにてその感情に関するメリットを強調している事も多いです。

 

感情を挟まずに売買を行いたいと思っているのであれば、手動ではなく自動のシステムを検討してみると良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/06/02 08:03:02

今日は相場もないし、興味のあるFX記事をたくさん読める、嬉しい♪熱々のお茶を入れて抹茶アイスを食べながら記事を読んでいます。楽しそうな記事なんかないかなぁ?なんて探す前にもうお目当てのものがあるんですよ。FX毎日バトル。5人のトレーダーが資金を自腹で準備することから始まったこの企画。昨年の11月からずっと続いています。でも、あとちょっとで終わってしまうんですよ。寂しいです。それぞれ担当の曜日が決まっていて毎日、記事が更新されるんですよ~。

 

参加されてるので有名なのはボビー・オロゴンさんです。テレビでよく見るあの人です。非常にユーモアがあって面白い人です。そのボビーさんのされているトレードを読んできました。米ドル円を逆張りする、値動きの激しいポンド円を選んで積極的にやるって非常に大胆なトレードをされています。米ドル円については、ポジションを持ってかなり逆行したのです。でも、損切りをしないでしばらく持ち続けたというのです。それは、行き過ぎた相場は絶対戻るという確信があるから。

 

それで持っていたのですが、もっともっと円安に進んで行き、ついに大量のポジションがアウトになってしまったそうです。確かそれは、黒田バズーカとアメリカの景気回復期待に市場が包まれていたときの出来事だったと思います。値動きの大人しい米ドル円だから戻るだろうって思ってしまいますが、気を付けなければいけないのが好材料が重なったときですね。このときもうすでに2つの材料がありましたから、米ドル円は突き進みすぎたのですね。

 

ポンド円のほうは勝負が終盤に入ってきたころから選ばれています。今、私もポンド円を見ています。リーマンショック前のレートを回復してきましたからすごいって驚いています。指標の方も上向いてきて急騰までしました。2円近くも一気に上に。こんなに強いのポンド円だけですよ。この通貨で勝負することについて最終的にどうなりたいのかについてボビーさんは、みんなを驚かせるような勝負がしたいと語っています。勢いがあるポンド円なら出来るかもしれませんよ。

続きを読む≫ 2015/05/31 08:34:31

ダウ理論と移動平均線、これほどよく耳にして無視されるものもないでしょう。あまりにシンプルすぎて視覚的に地味なので、特に初心者のころほど目にも止まらないものですね。相場を読み解くのはシンプルなのが一番です。難解なインジケーターで相場を読み解こうとするとセンスや才能というものが必要になります。一般的なトレーダーが難解なインジケーターで紐解こうとすると、紐解けなかった場合はギャンブルなトレードになり、大変危険です。

 

その点、ダウ理論と移動平均線は、努力さえすれば使える道具となり、相場で勝つために欠かせない存在となるでしょう。そんなダウ理論と移動平均線ですが、組み合わせて使うとより分かりやすいです。具体的には、ダウ理論でトレンドの判断を行い、移動平均線でエントリータイミングを見極めるといった売買ルールなどいかがでしょう。ダウ理論はシンプルにトレンドを判断できます。高値と安値を切り上げたら、それはもう上昇しているのは言葉だけでも分かるくらいです。高値そして安値を切り下げるようならば、下落の流れです。ダウ理論はこれくらいの使い方で十分です。そこに移動平均線を適用しましょう。

 

移動平均線は、その性質上、移動平均線よりも価格が上にいれば上昇している、移動平均線より価格が下にいれば下落していると、ダウ理論に負けないくらい簡単に使えます。そして、たとえば移動平均線よりレートが上に位置していたとします。上に位置していたならば上昇ですから、押し目を待ってロングを入れればいいのです。その際、ダウ理論でしっかりと高値と安値の切り上がりを判断してください。2つあるとごちゃごちゃするように思えるかもしれませんが、慣れれば簡単です。それはダウ理論と移動平均線というシンプルな指標でトレードを組み立てているからです。

 

これを複雑難解なインジケーターで行うと、たった1つだけでも難しくなります。そう、ダウ理論と移動平均線の2つの組み合わせよりも、1つのインジケーターで読むほうが難しいのです。

続きを読む≫ 2015/05/31 08:33:31

FXはいろいろな取引法がありますが、それぞれの投資家が自分の独自の方法で取引しますから、買っていくための方法はたくさんのものがあります。

 

そしてその中で1つっだけはっきりしている方法がありますが、それはとにかく何があっても証拠金を減らさないことなのです。そしてほとんどのFX初心者とFXをやっても勝てないような方には、大きな問題を抱えていることが多くて、たくさんの初心者は最初はビギナーズラックで儲かってもその後続かないで、投資家らほとんど半年以内に9割の個人投資家が証拠金のほとんどを失い市場から退場するといったことを余儀なくされるわけです。

 

そして、FXの場合には価格が上がってくるか下がるのかなので、比較的簡単に利益を上げていくことができるといったことで錯覚に陥ってしまいがちですが、逆に負けがこんで来ると含み損がを抱えるケースがとても高くなる投資になるわけです。10戦10勝といったことには絶対行かないといったことがこの投資であり、間違った方向に売買したと感じたら、とにかく躊躇しないで損切りをし証拠金をむやみに減らさないような努力をしていくことが大事です。

 

自分が投入した証拠金でどれだけの投資をしていくことが適切かといったことについても常に自己判断して見ることがだいじで、1回のディールで失っていくことで許容できるような額は証拠金の5%程度が上限で10%が最大の額であるといえます。

続きを読む≫ 2015/04/22 07:27:22
ホーム RSS購読 サイトマップ