ダウ理論と移動平均線でトレード

ダウ理論と移動平均線でトレード

ダウ理論と移動平均線でトレード

ダウ理論と移動平均線、これほどよく耳にして無視されるものもないでしょう。あまりにシンプルすぎて視覚的に地味なので、特に初心者のころほど目にも止まらないものですね。相場を読み解くのはシンプルなのが一番です。難解なインジケーターで相場を読み解こうとするとセンスや才能というものが必要になります。一般的なトレーダーが難解なインジケーターで紐解こうとすると、紐解けなかった場合はギャンブルなトレードになり、大変危険です。

 

その点、ダウ理論と移動平均線は、努力さえすれば使える道具となり、相場で勝つために欠かせない存在となるでしょう。そんなダウ理論と移動平均線ですが、組み合わせて使うとより分かりやすいです。具体的には、ダウ理論でトレンドの判断を行い、移動平均線でエントリータイミングを見極めるといった売買ルールなどいかがでしょう。ダウ理論はシンプルにトレンドを判断できます。高値と安値を切り上げたら、それはもう上昇しているのは言葉だけでも分かるくらいです。高値そして安値を切り下げるようならば、下落の流れです。ダウ理論はこれくらいの使い方で十分です。そこに移動平均線を適用しましょう。

 

移動平均線は、その性質上、移動平均線よりも価格が上にいれば上昇している、移動平均線より価格が下にいれば下落していると、ダウ理論に負けないくらい簡単に使えます。そして、たとえば移動平均線よりレートが上に位置していたとします。上に位置していたならば上昇ですから、押し目を待ってロングを入れればいいのです。その際、ダウ理論でしっかりと高値と安値の切り上がりを判断してください。2つあるとごちゃごちゃするように思えるかもしれませんが、慣れれば簡単です。それはダウ理論と移動平均線というシンプルな指標でトレードを組み立てているからです。

 

これを複雑難解なインジケーターで行うと、たった1つだけでも難しくなります。そう、ダウ理論と移動平均線の2つの組み合わせよりも、1つのインジケーターで読むほうが難しいのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ