基本的には追証が無い外国の会社

基本的には追証が無い外国の会社

基本的には追証が無い外国の会社

FXで売買をする時には、くれぐれもリスクには気をつけた方が良いでしょう。特に損をしている額がかなり大きくなっている時は、注意が必要です。例えば金融会社に預けている金額が、50万円だとしましょう。そして外貨での売買を何回か行ったものの、ちょっと損失が発生してしまったとします。よくあるパターンですね。そしてその損失額が、かなり大きくなってしまっている事もあります。最初の内は10万だったものの、40万や60万などと大きく膨れ上がってしまうケースも珍しくありません。

 

問題は、60万などになってしまった時ですね。前述のように業者に預けている金額が50万なのですから、明らかにマイナスになってしまっているでしょう。そのような時には、いわゆる追証が発生する事が多いです。マイナス10万円を直ちに入金してくださいと、金融会社から催促されてしまう事もあるのですね。さすがにそれは避けたいでしょう。ところで上記のシステムは、日本国内の業者のものです。海外の会社となると、また話は異なってくるのですね。海外の場合は上記のような10万円の補填システムがありますので、仮に大きな損失が発生しても何とかなる事もある訳です。追証の有無は、日本と海外の大きな違いの1つと言えるでしょう。

 

ここ最近では、外貨の動きもやや激しくなっている一面があります。特に付いこの間のスイスのショックのような出来事が起きると、追証が発生する可能性もゼロではありません。それを考えれば、海外のFXの会社で口座を作るのも一法ですね。

ホーム RSS購読 サイトマップ